バイアグラ 効かない

MENU

効かない最も多い理由とは

バイアグラ,効かない,通販,100mg,個人輸入,本物,ファイザー,安い

バイアグラは、かなり多くの人のEDに効果がありますが、
100%効くというものではありません。
残念ながら、重度の器質性のEDの方の中には
バイアグラが効かない場合もあります。
しかし、特に身体に問題があるわけではなく
「バイアグラが効かない」という場合の多くの方の理由は、
服用の方法が間違っているからなのです。

 

 

その間違った服用方法の中でも、
最も多いのが『空腹時に服用しなかった』というものです。

 

 

食事をすると、胃や腸に油の膜が作られます。
この油の膜をバイアグラの有効成分(シルデナフィル)は通過できないため、
有効成分の吸収が阻害され、バイアグラが効かないということになるのです。
バイアグラは、必ず空腹時に服用するようにしなければなりません。

 

 

さらに、もしこの話を聞いても、「ちゃんと空腹時に服用したんだけどなあ」
という人は、食事の内容を見直してみてください。
一般的には、食事をしてから4時間ほど間隔を空ければ、バイアグラの吸収が
妨げられることはありませんが、特に油ものが多い食事をした場合には、
先ほど指摘した油の膜は、6〜7時間経っても取れません。
この場合、「食後6時間も経ってから、バイアグラを飲んだのに効かない」ということになるのです。

 

 

バイアグラを使う予定があるときには、食事は油を控えたあっさりしたものにするといいでしょう。
そして、食後には最低でも2時間は間隔を空けて、バイアグラを飲んでください。
これで、バイアグラが効かないという事態はかなり防げるはずです。

 

 

また、バイアグラを飲んだときには、過度の飲酒も禁物です。
少量のアルコールは問題ないとされていますが、血管が拡張する効果がある
バイアグラを飲んだときは、普段よりも酔いが回りやすくなります。
酔いが回れば、脳にある勃起中枢が麻痺してしまいますので、
勃起がしづらくなってしまうのです。酔うと勃たないとよく言われますが、この理由からです。
バイアグラを飲んだときは、お酒は控え目にしてください。