バイアグラ 賢者タイム

MENU

射精後不応期時間を短縮させる効果

バイアグラの効果が持続する時間は、4〜5時間くらいです。
後発のED治療薬、特に最大で36時間も効果が続くといわれる
シアリスと比べると短い時間ですが、4時間効果が持続すれば、
時間が足りないということはあまりないと思います。

 

 

効果が続くというと、その間ずっと勃起していると思う人もいるかもしれませんが、
実際には射精をすれば勃起は収まります。
問題は、その後ですが、バイアグラの効果時間の範囲内であれば、
再び勃起できる可能性があります。
ただし、何度でも際限なくセックスができるというわけでもありません。

 

 

男性であれば必ず経験しているはずですが、一度射精をすると、
その後には性的な刺激を受け付けない時間があります。
いわゆる賢者タイムというものです。
正式には、射精後不応期といいます。
この時間帯には、性的な刺激を受けても、むしろ不快に感じるくらいで、
勃起することもありません。
射精後不応期は、加齢とともに長くなる傾向にあり、
若い頃には数分間休めば回復したものが、年をとると
一晩に一回が精一杯という感じになっていくのです。

 

 

バイアグラを飲んだ場合も、この射精後不応期が存在するので、
一度射精した後にすぐに次の性行為ができるわけではありません。
しかし、バイアグラを飲むと、この射精後不応期を短くすることができることがわかっています。
「一晩に何度でも」とはいきませんが、1度で精一杯だった人が2度、
2度の人が3度ということは可能になります。

 

 

バイアグラを飲んで射精した後もペニスが半立のままでいるため、
人によっては、再び刺激を受けると勃起が復活しするため、
抜かずに二発というような芸当も可能になります。
この賢者タイムの短縮もバイアグラの効果の一つです。